お金の知識

税金

退職・休職したときは住民税ってどうなるの?

会社員・公務員等の場合、住民税はお給料から天引きする「特別徴収」が一般的です。退職・休職等をした際、残りの住民税は「転職により特別徴収継続」、「最後のお給料・退職手当から全額を一括徴収」、「個人で納付(普通徴収へ切替)」のいずれかの方法で納める必要があります。
税金

普通徴収と特別徴収の違いとは?住民税の納付方法などを解説!

住民税を自分で納める方法を「普通徴収」といい、主に自営業の方が該当します。一方、会社員や年金受給者は、給料や年金から住民税が天引きされます。このように支払元(会社や年金機構など)が住民税を徴収し本人に代わって納める方法を「特別徴収」といいます。
税金

住民税申告が必要なのはどんな人?申告が必要な人と不要な人を解説!

住民税は、その年の1月1日現在に住所がある自治体で課税されます。収入が給与、または年金のみの方は、支払元から自治体に収入等の情報が提出された場合、住民税の申告は必要ありません。収入がなかった方も各種行政サービスを受けられるよう、住民税の申告をお勧めします。
税金

税金がかからない?非課税所得を一覧にしてみた!

税金がかからない所得を「非課税所得」といいます。具体的には、障害年金・遺族年金・児童手当・失業給付金・生活保護のための給付・育児休業手当金・通勤手当などがあげられます。非課税所得は「年末調整」や「確定申告」が不要です。
税金

住民税っていくらからかかる?計算方法や非課税の限度額を解説!

住民税は合計所得金額が45万円(給与の場合100万円)以下であれば非課税となります。障害者・未成年者・寡婦・ひとり親の方は合計所得金額が135万円(給与の場合約204万円)まで非課税です。この記事で税金がかかる限度額をおさえておきましょう!
税金

住民税とは?均等割と所得割ってなに?

住民税とは、市町村民税と道府県民税を合わせた税金を言います。住民税は一定の所得があった場合、あなたの住んでいる自治体に納めなければなりません。この記事では、「住民税ってどんな税金?」というテーマで、住民税の定義や均等割・所得割といった用語の解説をしています。
スポンサーリンク